スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【写真】セクシーなネコ

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1400397883/

1-1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/05/18(日)16:24:43 ID:Ezj6f5DZ8
no title

no title

 ※つづく

『【写真】セクシーなネコ』の続きを読む

スポンサーサイト

勇敢なネコが子供を救う 子供を襲った猛犬に体当たりして撃退

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1400118917/

猫が子供を救う

1: それなり◆XonGXAywZYD. 2014/05/15(木)10:55:17 ID:EiDORNJnT
猫が猛犬に体当たり、飼い主の子ども救う 米
CNN
http://www.cnn.co.jp/m/usa/35047911.html

《ニュース概要》
“米カリフォルニア州ベーカーズフィールドで、幼児を襲った犬に飼い猫が体当たりして撃退し、幼児を救う出来事があった”
5月15日配信のCNNが伝えています。

猫の名はタラ。
13日、男の子が駐車場で自転車に乗って遊んでいると、背後から犬が!
犬は男の子の足にかみつき、どこかへ引きずっていこうとします。
そのとき、タラちゃんか猛然と犬に飛びかかり、驚いて足を離した犬を追いかけ、犬が走り去るのを見届けてから戻りました。
こと一部始終は防犯カメラが撮影しており、全米で話題になっているそうです。

「タラは僕のヒーローだ」と語る男の子。軽傷ですみましたが、もしかしたらとんでもないことになっていたかもしれない今回の事件。
猫のタラちゃんに拍手!ですね。
なお、犬は近所にすむ人の飼い犬だとか。

ニュース概要は記者が元記事からまとめたものです。
詳細はリンクから記事全文をどうぞ。
タラちゃんの写真がないのが残念。

それなり
Twitter@opensorenari
(記者用アカウントからスレとopen2chを拡散しています)

『勇敢なネコが子供を救う 子供を襲った猛犬に体当たりして撃退』の続きを読む

新種のカニが東京湾で見つかる 「バンズマメガニ」と命名。希少種の可能性も

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1399256591/

1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/05/05(月)11:23:11 ID:dWvAqojv0
新種のカニ、東京湾で見つかる 希少種の可能性も
朝日新聞デジタル 5月5日 9時30分配信

東京湾で発見された新種のカニ。「バンズマメガニ」と命名された。甲羅の幅が約1センチ
カニ


 東京湾に、これまで知られていなかった新種のカニが生息していることを、千葉県立中央博物館などの研究チームが突き止めた。発見場所は、東京湾アクアラインを望む浅瀬で、多くの人が訪れる潮干狩り場のそばだった。研究チームは「東京湾の干潟で、新種のカニが見つかるのは極めて珍しい」としている。

 このカニはカクレガニ科の一種で、脚を広げた大きさは3センチほど。体は黄色がかった褐色で、脚にはフサフサとした毛が密生している。2010~12年にオス1匹、メス3匹が見つかった。いずれも、ゴカイの仲間が干潟の海底下に作ったトンネル状の巣の中に生息していた。

詳細のソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140505-00000011-asahi-soci

『新種のカニが東京湾で見つかる 「バンズマメガニ」と命名。希少種の可能性も』の続きを読む

猫に嫌われてしまう人の特徴とは?

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397189439/l50#

猫

1: ぱぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/11(金)13:10:39 ID:???
「猫は人につかず家につく」と言われるほど、環境の変化を嫌う生きものです。
家族がどのくらい家にいる時間があるかということが、猫にとってはポイントになります。
専業主婦の場合、家で過ごす時間が長いので、猫にとってはいつも家にいる安心できる存在。
日中出かけてしまうほかの家族より、猫がなつくといわれています。
また、猫は束縛を嫌うので、あまり構いすぎる人とは距離を置いてしまうようです。

ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/8725205/

『猫に嫌われてしまう人の特徴とは?』の続きを読む

“愛”注がれ捨て犬の表情変化、険しさ薄れ穏やかになったピットブル

引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396599856/l50

1: 富士◆Enan9ZJ5KM 2014/04/04(金)17:24:16 ID:7tAJYl6dI

昨年のクリスマスを間近に控え、世間が華やかな雰囲気に包まれていた頃、米ロサンゼルス郊外の野原で、1頭のピットブル犬が厳しい日々を生き抜いていた。
後にギデオンと名付けられるこのピットブル犬、近隣の住民たちに餌をもらいつつ、人を避けながら孤独な生活をしていたという。
そんな彼が動物保護団体のスタッフにより病院へと運ばれ、献身的に接してくれる医師や保護団体スタッフと過ごしているうちに、態度や表情にも変化が現れた――そんな一連の経過を紹介した動画がYouTubeで公開され、話題を呼んでいる。

ピットブル1


https://www.youtube.com/watch?v=O0IqNFsbusc



動画やハートさんのFacebookによると、ギデオンを保護したのは昨年12月22日のこと。
数か月前から捨てられた状態で、「病院へ行く必要がありそうなピットブル犬がいる」との連絡を受けたハートさんが、仲間の女性と共にロサンゼルスから3時間ほど離れた場所にいるギデオンの元へと向かったという。そこは、周りに草木やゴミとがれきの山もある荒地の中。
1脚のイスだけが入った物置のような小屋の前に佇んでいたギデオンは当初、ハートさんらが離れた場所から投げる餌には食いつくものの、近づこうとすると避けるように近くの民家へと逃げてしまった。

ピットブル2


感染症から顔はところどころ傷つき、座っても伸ばした前脚の震えが止まらないギデオン。
ハートさんらはじっくり彼との心の距離を縮めて保護に成功すると、そのまま活動を共にする別の保護団体が運営する病院へと彼を運んだ。
診察の結果、複数の感染症を患い、深刻な状態だったというギデオン。
それから、7週間の予定で入院し治療を受けることになったそうだ。

しかしその間、ハートさんや病院スタッフから“数トン分もの愛”を受け、甘やかされて過ごしたというギデオン。すると、出会った時は人間を避けていた彼の態度も、体の回復に合わせるかのように変化を見せたという。
動画では、1週ごとにきれいになっていく顔の状態の変化と、スタッフへすり寄って嬉しそうな表情を見せる彼の姿を最後に紹介しているが、ハートさんが彼の気持ちの変化に気付いたのは3週目頃のこと。
積極的にアプローチを試みる彼女に、その時初めて「キスしようとしてくれた」そうで、まだ感染症が完治していないとあって実際にキスできなかったのが「悲しかった」という。

その分、治療が終わった後に「何百回ものキス」をもらい、「信用してくれてありがとう」と話しかけたというハートさん。
今では幸せそうにしている姿を見て、彼が「再び愛を学んだ」と感じているそうだ。

ピットブル3


そんなギデオンの動画を公開した後、彼女の元には世界中から「すごい反応」が寄せられているそうで、多くの人が彼に関心を持っている様子。
現在、新たな飼い主を探している最中だそうだが、ギデオンにはこれから目一杯、愛に溢れた幸せな時間を過ごしてもらいたい。


ナリナリドットコム
http://www.narinari.com/Nd/20140325266.html


『“愛”注がれ捨て犬の表情変化、険しさ薄れ穏やかになったピットブル』の続きを読む


◆リンク記事紹介◆



2ちゃんのうろこについて

おーぷん2ちゃんねるのまとめブログです。
ニュースや話題を中心に幅広くネタを探しています。
詳細はこちらまで。


このエントリーをはてなブックマークに追加

◆ランキング参加中。応援お願いします!


にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

検索フォーム


リンクサイト記事紹介



PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。